忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 05:07 】 |
無題
今日は朝から雨…、
心持ち、新宿の街も静かな感じがします。



祐希です。



去る五月二十六日(火)、
横浜スーパーアリーナに於いて開催されました

『DREAM9』
http://www.dreamofficial.com/

を観戦して参りました。
日頃仲良くさせて貰って居りますマイミクの計らいで、
この日も招待チケットでの観戦でした。
写真
OPENINGでの一幕。
天井から落ちてきた大きな一枚布に映し出された映像。

何と言ってもこの日は、誰もが期待していた
山本"KID"郁文選手の
約一年半振りの復帰戦ですから、
会場に足を運んだFANの心理は期待で一杯だった事でしょう。

対戦カード内容は、全試合を通しまして、
然程興奮する様なBIG MATCHはありませんでしたが、
何分私自身、久々の格闘技観戦でありましたから、
始まる前からワクワクドキドキで…。

そんな中でも、私の大好きな選手、
川尻達也のカードだけは、
魔裂斗選手の引退迄の対戦相手を決定する上で、
重要な一番だと思ってましたから、
自ずと期待が高まります。

TVを御覧になっておられた方々は周知の通り、
JZカルバンに対して判定勝ちを収めた訳ですが、
私個人の見解と致しましては、
川尻選手は明らかに勝利に拘り過ぎて、
攻撃がコンパクトで小さかった気がします。
川尻選手自身の『クラッシャー』たる所以と言いますか、
強烈な打撃が少なかった様に感じます。

結構HITしてたパンチ、上手く攻めれば
DOWNも奪えてた様に思える程、
CREAN HITしてたんですが、
間髪入れずにタックルにいってしまい、
グラウンドでの攻防に移行してしまう…。

FAN心理としては、打撃の得意なカルバン選手に
打撃で打ち勝って欲しかったです。

まァ、魔裂斗選手との対戦が決定した様ですから、
私自身と致しましても、
結果論で嬉しい限りなんですが。

全体を通じて、『凡戦』的なIMAGEが拭えなかった今回、
囁かれる総合格闘技の人気下落に、
歯止めを掛けるべく、"KID"選手の復帰戦も
期待を集めたんですが、結果判定負け…。

観客の動員も今ひとつだった今回、
この先、どうなってしまうんでしょうかねェ…。

格闘技好きの仲間同士で同じ時間を共有出来た事が
何よりの喜びと思う私は、
そんな不安なぞ、微塵も感じないのが本音ですが。

まァ私自身は、『プロレスLOVE』ですから、
こんな大会場で興行が打たれる総合格闘技は、
飽き性日本人気質には合って無いと思っていましたから、
今の状況は、容易に想像出来ましたけど…wwwww
写真
渋谷駅での東急東横線。なかなかカッコイイ♪


翌日(夕べ)…、
凡戦のお口直しと申しましょうか、
気分をスッキリさせたくて、
新宿バルト9で上映されて居ります

『五右衛門ロック』
http://www.goemon-rock.com/

を観て参りました。

以前新宿歌舞伎町コマ劇場で公演されて居りました
舞台の映像化作品ですが、
都合付かずで行けなかったので、
今回待望の機会と相成りました。

座長の古田新太は言う迄も無く、
TVや映画よりも舞台向きな、
大きな演技力が魅力的な森山未来、
時代劇の重鎮、北大路欣也、
映画『GOEMON』でも好演の
私の大好きな江口洋介。

花を添える女性人も個性的で、
松雪泰子、高田聖子、浜田マリと魅力タップリ☆

途中十五分の休憩を挟む、
計三時間半にも及ぶ長丁場でしたが、
全く飽きる事無く劇団新感線の喜怒哀楽を
十二分に如何無く感じる事が出来ました。


やっぱりナマで観たかった…。



最後に一つ、気になるニュースがありましたので…。

『本能寺爆発、ワープ、心霊現象......NHK大河『天地人』の多すぎるツッコミ所』
http://www.cyzo.com/2009/05/post_2086.html

国営放送がって所で史実と違う所を所謂

『ツッコミ所』

としているんでしょう。
実際三谷幸喜の2004年作品『新撰組!』でも
こういう事はあった訳で、
視聴率を上げ、注目を集める上でのある種の

『イレギュラー』

っていうものは、面白い物になったりするのではないでしょうか?
現に信長に吉川浩司を機用するのも新しいですョ。

信長の死の直前、目の前に謙信の亡霊が現れるシーン。
全く関係なさ気ではありますが、
一説には、謙信の死は病死ではなく、暗殺。
家臣の直江兼次を唆した張本人が信長であるなんて話も…。

また、本能寺が信長の無念の如く焼け落ちるではなく、
大爆発を起こすシーンも、ツッコミ所として挙げてますが、
本能寺は、皇族を滅ぼす為の拠点とする
武器庫だったとする見解もあります。
南蛮渡来の火縄銃、火薬が沢山貯蔵されていたと考えれば、
大爆発も起こり得る発想ですよネ♪

そういう『歴史ミステリー』って
皆さんも結構好きなんじゃないですか? 

 
PR
【2009/05/28 16:16 】 | 相沢祐希の日記♪ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<最近のまとめ☆&発表 | ホーム | 里帰り行脚…>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]